帯広駅(北海道帯広市)

今回の回答者

主婦のTさんです。北海道の根室本線・帯広駅についての貴重な情報をお寄せいただきました。ありがとうございます。

根室本線・帯広駅周辺はどんな街ですか?

今回は

  • 最寄駅周辺の商業施設や飲食店について
  • 電車の混雑状況やアクセスはどうか
  • 住みやすい場所と言えるか?
  • 学区内の小学校や中学校の評判は?

などに対して回答していただきました。

5段階で評価とすると?

根室本線・帯広駅の住みやすさや評判、生活環境は?

30歳から36歳の現在まで住んでいます。結婚で東京から主人の地元である帯広に引っ越してきました。

冬はマイナス気温が当たり前、雪も多く厳しい環境ですが、春から夏にかけては快晴の日が多く、湿度が低くてとても過ごしやすいです。

お店は駅前にもありますが、車社会なので閑散とした雰囲気がややあります。大きな駐車場のあるイオンやイトーヨーカドーのようなショッピングモールの方がにぎわっています。

平昌オリンピックで金メダルをとった高木姉妹は隣町の幕別町出身で、帯広でもスケートは大変盛んです。小学校から体育の授業で習うため、市民のほとんどが滑れるのではないでしょうか。転校で道外から来たら少しとまどうかもしれません。
バターサンドで有名な六花亭本店があり、喫茶店も併設していてとても素敵な場所です。また、豚丼が名物でたくさんお店があり、どこも美味しいのでぜひ食べていただきたいです。

根室本線・帯広駅の住みやすさや評判、生活環境は?(その2)

私が帯広駅周辺で暮らしていたのは30歳から36歳までの間で、仕事の関係で一人暮らしをしていました。

駅近くに住むことにしたのは車が無かったことと、実家の札幌に帰る際に駅やバスへの便が良いことからでした。実際は生活上電車やバスを使用することは少なかったので、もう少し静かで自然の多い場所やショッピングセンターが多い南側で暮らしてみても良かったのかも知れません。地元の方々がよく利用する人気のお店や施設というのは郊外が多いのです。

しかし、一人暮らしの私にとって駅の周りは明るくて安心できる地域だったので、その点ではオススメです。また、坂道が割と少なく、自転車があればかなり遠くまで簡単に行くこともできるので不自由はしませんでした。

駅の北側には唯一のデパート「藤丸」を初め、有名菓子店、屋台村などがあり、休みの日に友人と楽しめる場所もありました。何よりも、帯広の駅は飲食店、お土産屋、100均と充実しているので、駅で過ごすこともよくありました。そして帯広周辺の町に出掛ける時は始発のバスが駅前から出るので非常に便利でした。

立派な図書館も駅の目と鼻の先で、毎週通っていました。こう考えると、余りマイナスなことは無かったところです。

根室本線・帯広駅の住みやすさや評判、生活環境は?(その3)

退職を機に帯広駅周辺に住んでから10年になります。転勤で北海道内を11か所歩いて、最終的に帯広を選んだ最大の決め手は「自然に恵まれており四季の移り変わりがはっきりしている」からです。

十勝平野の中心にある街は山坂のない平坦な道が続き、歩くのが気になりません。駅前のメーンストリート沿いには老舗のデパートや各専門店や飲食店が多くあり、それぞれ楽しむ事が出来ます。市内や郊外へ移動する主な手段はバスですが、全て駅前のバスタッチから発着するので利用する方は便利です。

また、生活する上で最も重要な水道水は、何度か清流日本一になった札内川の伏流水から採取しており、とても美味しいです。

どこの街でも同じ様な悩みを抱えていると思いますが、中心街はドーナツ化現象で若者は少なく、活気がないように思います。

大型量販店は地価が安く大きな駐車場を確保しやすい郊外へ次々出店しており、利用するには車が無いと不便です。これも時代の流れで仕方ないのでしょう。

結局のところは…

住む場所は運命的なものがあるのかもしれませんね。

少しでも参考になったのであれば「シェアする」もしくは「フォローする」ボタンをクリックしてもらえると今後のサイト更新の励みになります。

あなたの体験談も募集しております

実際にその場所に住んでいたあなたの声は引越しを検討している人には大いに参考になるものです。ぜひご協力ください。

アンケートページはコチラです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す